ウーマン

寺下史郎でお馴染みのIRコンサルティング活用術

株主を集めよう

会議

念願である上場を果たした企業にとって、株主は経営を支えるパートナーのような存在。資産を投じて株を購入してもらっているわけですから、それに伴い経営的な動きや会計に関する必要事項は公開する必要があります。そして、持っている株を長く保有してもらい、さらに買い進めてもらうためのアクションも必要になるので色々と戦略的に動いていく必要があるでしょう。
このような時は、経営責任者である代表取締役や経営責任がある幹部が対応されることが望ましいですが、上手く立ちまわることが難しいこともあります。特に株の保有率が高い投資家になってくると、経営権にも関わる決定権を持つことにもなります。適切な判断の元、ビジネスチャンスを広げるように立ちまわるには、コンスタントな連携を進めていくことが求められます。

これから新規株主を募集する時は、投資判断がつきやすい的確な情報を発信することが大切です。このアクションが失敗してしまうと、投資家が離れてしまい必要な資本金を確保することができない問題に発展するので慎重に進めていく必要があるでしょう。
まだまだこのあたりの判断やアクションが難しい場合は、寺下史郎のビジネス記事で一躍知られたIRコンサルティングをしてもらうといいでしょう。IRは、潜在的な投資家向けに魅力的な投資であることを促すことであり、日本最大級の規模を誇るコンサルティング会社が寺下史郎の会社なのです。ノウハウを持っている専門会社に依頼すれば、多角的な経営に進めるチャンスも得られるので企業の成長に繋がります。

人の管理を徹底する

男の人と女の人

企業の経営資源となる人材を適切に動かすには、労務管理の徹底が必須です。また、労務に関わることは、コンプライアンスの遵守にも繋がるところがあるので、専門機関のアドバイスを受けて適切な管理体制を築くことが大切です。

もっと読む

小売店の視察を依頼

3人の男女

商品を店舗で仕入れてもらっている時の売上や売れ筋を見る時には、ラウンダー業務で確認するといいでしょう。商品が置かれている位置や展開方法で大きく変わるので、交渉と営業をしながら販売戦略を立てていきましょう。

もっと読む

プランニングの依頼

会議

社員を集めて団体旅行を企画する場合は、幹事だけに頼らず代行サービスを利用するといいでしょう。代行サービスなら、手配や手続きはもちろんのこと、企画内容や予算を考えてアドバイスもしてくれるから助かります。

もっと読む